KANのブログ

昭和40年、巳年生まれ、男子の描くブログ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
サインブラケット 看板販売
自己紹介
コメントありがとう!
最近のトラックバック
現在の天気図

最新の情報はページを更新して下さい
日置川安居の現在の水位

最新の情報はページを更新して下さい
KANのブログを検索
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
進行状況・まとめて「其の二」
ダウンライトカバー
ダウンライトカバー取り付け後
木質の断熱材を使うため、ダウンライトをだんねつざいから100mm放さなければいけません。それでこの箱を天井に固定しておきます。

換気扇の箱 換気扇の箱取り付け後
換気扇はメンテナンスで室内に降ろすことがあります。直接断熱材が接触しないように箱で囲います。

ウッドファイバーダウンライト断熱
木質断熱材の「ウッドファイバー」湿気をよく吸い、ぬれても断熱効果が落ちないのでいいのではないでしょうか?外壁にもこれを使いました。

分電盤 分電盤完成
金属ケースの分電盤(日東製)60A、引き込み線には22sqを使って、75Aまでは取り替え可能にしておきます。
これに仮設の電源を引いて、全室で電気が使えるようになりました。
JUGEMテーマ:セルフ・ビルド
コメント
from: KAN   2013/02/07 6:13 AM
ダウンライトは面倒くさいから付けたくなかったのですが、"施主さん"の希望で付ける事になりました。

3mとは日本の一般家庭ではほとんどないですね。高くても2m70cmが普通です。西洋は昔から椅子、ベッドの文化で生活体系が元々違うからだと思います。3mもあったら気持ちいいでしょうね!
この家のほとんどの扉は2mです。リビングの入り口と、玄関の戸だけ少し高くしてあります。
from: なおこ   2013/02/05 6:45 PM
ダウンライトのためにこんなことをしないといけないんですね!これは大変そうですね。でも、火事になったらいけませんもんね。

我が家の天井、やっぱり3メートル近くありました。で、ドアの高さを今測ってみたら!2メートルでした。うちのほうが低いですよ!!
コメントする



公開されません





 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://herb.agni-holy.com/trackback/132
 

Copyright (C) 2010 KANのブログ Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ