KANのブログ

昭和40年、巳年生まれ、男子の描くブログ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
サインブラケット 看板販売
自己紹介
コメントありがとう!
最近のトラックバック
現在の天気図

最新の情報はページを更新して下さい
日置川安居の現在の水位

最新の情報はページを更新して下さい
KANのブログを検索
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スズキキャリイDB51T

サーモスタット
私の愛車、キャリイトラック、あるとき「水温計が動かない、ヒーターが効かない、アイドリングが高いまま下がらない、燃費が悪い」などの症状に気づきました。
私のキャリイは機械式キャブレター仕様。しかし,私の知っている、シンプルなバイクのキャブではなくいろいろオート機能がついたキャブなので、ぱっと見チンプンカンプンです。どうやらこの水温が上がったら動作する制御装置が動いてないようです。冷えた時も走行後も同じ形をしています。・・・・というわけで、サーモスタットが壊れていたのでした。これが開きっぱなしなので寒い冬は水温が全く上がらず,オートチョークをキャンセル出来ず、アイドリングは高いまま下がらず、無駄な燃料を食い続けていたようです。新品のサーモスタットと、新品のプラグに取り替えたらすっかり元気になりました。
DB51-Tキャブレター
最近は電気自動車だの、ハイブリット車だの自動車はどんどんハイテク化してきてます。そうでなくてもコンピューター制御のフェールインジェクションは当たり前のようですね。サーモスタットケース

コメント
コメントする



公開されません





 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://herb.agni-holy.com/trackback/144
 

Copyright (C) 2010 KANのブログ Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ