KANのブログ

昭和40年、巳年生まれ、男子の描くブログ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
サインブラケット 看板販売
自己紹介
コメントありがとう!
  • LPG鍛造炉 バーナー取り替え完了
    中島 (04/15)
  • スズキキャリイフロントハブベアリング交換
    KAN (11/18)
  • スズキキャリイフロントハブベアリング交換
    保坂 (11/17)
  • 2019 11年目の米作り
    Kan (07/25)
  • 2019 11年目の米作り
    Maza (07/22)
  • 鍛造炉、バーナ変更
    ひろ (04/13)
  • 2017稲刈り 天日干し
    尚子 (12/05)
  • ジムニー,JA11,シートベルト,自作,後部座席,チャイルドシート
    KAN (10/14)
  • ジムニー,JA11,シートベルト,自作,後部座席,チャイルドシート
    松本 (10/14)
  • サインブラケット製作中【看板製作動画】
    KAN (09/18)
最近のトラックバック
現在の天気図

最新の情報はページを更新して下さい
日置川安居の現在の水位

最新の情報はページを更新して下さい
KANのブログを検索
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
瓦葺き
地瓦
このいただいた瓦、微妙にRがついていて妙に美しいです。
ネットでいろいろ瓦の事を調べてみたのですが、淡路のいぶし瓦の耐久性は数百年だそうです。もっとも、瓦は耐久性があっても、家本体の劣化で瓦を葺き替えなければいけなくなる方が早いんでしょうけど・・・。

KAN式瓦揚げシステムのおかげで瓦を揚げるのはそれほど苦労はしませんでした。淡々と瓦を運ぶだけ。意外と気楽な作業。
南面瓦揚げ 北西瓦揚げ

何が大変かって・・袖瓦の合わせです。これは、事前に瓦メーカーやら、瓦屋さんから言われてはいたのですが、その時は何の事やらよく解らないのであまり気にしていませんでした。瓦を葺き始めてやっと「あーなるほどこういう事か」理解しました。
屋根は直角が出ていないんですね。瓦のアタリを執る段階で直角を出すと、屋根が微妙に台形になっているのです。3mに対して1cm〜2cmくらいの歪み。当然、瓦を直角に並べていくと袖の端が少しずつずれて来てそれを袖瓦か手前の地瓦を削って合わせる。そしてもう一つ、袖瓦は登りのピッチが少々大きく作ってあり、それも合わせながら葺いていかなければいけません。難しいと脅かされていたのですが、こういう事は私の得意分野なので大丈夫!しかし、非常にめんどくさい。サンダーを使って切って、ひとつひとつ合わせていくのは手間がかかります。一方、地瓦は、コトン、コトンと置いていって釘で止めるだけなのでそれほど手間はかかりません。
軒瓦 軒瓦合わせ 南面瓦出来上がり
棟まで大方葺き上がりました。もう一息です。
コメント
from: KAN   2010/12/03 11:39 PM
近所の方々には騒音や粉塵で迷惑をかけていますが、皆さん大目に見てくれています。
こちらも凄まじい風でした。しかし今日は風で跳ばされた看板を修理に遠くまで行ったり、夜は友人のSUさんが家族で遊びに来たりで、屋根の事は心配でしたが、全くどうなっているか見ていません。たぶん大丈夫だったのでしょう。明日見てみます。
from: MA   2010/12/03 11:06 PM
いやぁ〜仕上がってきましたねぇ、ダイヤモンドカッターが装着されたサンダーで器用に瓦の役物を仕上げているKAN氏が目に浮かびます。しかし器用だよねぇ〜
近所でも評判になっているのでは?ところで昨日の大雨は大丈夫でしたか?東京は今朝、凄まじい降り方でした。加油!加油!
コメントする



公開されません





 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2010 KANのブログ Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ